AUKEY USB Type-CハブCB-C72改善版を購入レビュー

CB-C72を購入

先日、CB-C72を購入しました。改善版と記載されているので、前モデルから変わっている部分があると思うのですが、何が改善されているのかわかりません。

自分の目的はスマホのUSB TypeCに繋げてHDMI接続したかったので気にせず購入しました。

CB-C72改善版のスペック

コネクタ インターフェース
USB TypeC USB3.0 * 2個
SD Card
MicroSD
HDMI

HDMIポートをチェック

Androidスマートフォンからの接続は問題なく成功しました。Windows10自作パソコンにも接続してみましたが、こちらはディスプレイ表示ができませんでした。

原因は簡単に言えばマザーボードのUSB Type-Cからの映像表示が未対応だからでした。

画像は対応しているノートパソコンです。Thunderbolt3に対応しているのなら映像表示が可能でしょう。

こちらはマザーボード「B550 VISION D」です。これならUSB Type-Cで表示ができそうです。

USB3.0ポートをチェック

画像は外付けSSD(ガチャポンパッ!mini3.0)を接続してベンチマークテストした結果です。直接マザーボードに接続した場合と比べて似たような数値でした。

USB3.0端子を変えてのテストもしましたが、こちらも変化はみられませんでした。

microSDカードをチェック

次はmicroSDカードでテスト。

スペック表には最大480Mbps(60MB/s)と書かれていますが、なぜかリードはそれ以上の速度が出ています。2度目のテストも似た数値でした。ライトはショボいですね。

気になったので別のパソコンでテストすると、こちらはスペック通りになりました。

原因は不明ですが、まあいいや。

SDカードをチェック

最後にSDカードをチェック。

先ほどのmicroSDカードのテスト結果と近い値になっています。前から持っているカードリーダーでテストするとリード92MB/s、ライト77MB/sなのでSDカードが壊れているということはないでしょう。

まとめ:SDカードは期待するな

HDMI接続が目的ならThunderbolt3の有無を確認しましょう。2つのUSB3.0ポートは性能通りかと思われます。

HDMI、USBにマウス、キーボードを繋げての操作もしましたが、CB-C72(アルミ合金)の熱はあたたかいレベルで問題なかったです。

仮に真夏の冷房がない所での使用でも大丈夫な感じがします。

SDカード、microSDカードスロットはおまけレベルの性能になっています。昔と違い大容量で安価なカードが増えているので、スペック表や評判、レビューを確認して選びましょう。

コメント