HP S700 500GB 2DP99AA#UUFを購入!SSDベンチ レビュー

HP S700 500GBを購入しました。

先日あったセールで購入したHP S700 500GB。サーバの方ではヤバいニュースもありましたが、こっちのSSDは大丈夫そうなので買いました。

毎度おなじみではありますが、念のためにベンチマークテストをして問題がないか確認していきます。

HP S700 500GBの中身はSSD本体とネジが入っていた。

箱の中にはSSD本体とネジ4本が入っています。

HP S700 500GBの裏面には製品コードなどが書いてある。

本体の裏にはシリアルナンバーやらが書かれています。made in chinaですね。

あとはいつも通りSATA3端子と電源ケーブルに繋げるだけです。

HP S700 500GBベンチマークテスト「CrystalDiskMark 7」の結果

HP S700 500GBをフォーマットした後にCrystalDiskMark(バージョン7.0.0 x64)でテストしました。Mixの値も載せておきます。

今回のテスト環境

  • OS:Windows 10 pro x64
  • CPU:AMD Ryzen 5 2400G
  • MEM:16GB
  • MB:B350GTN
  • Cドライブ:WD SN500 500GB
  • Gドライブ:HP S700 500GB

HP S700 500GBをCrystalDiskMark 7の1GiBでテスト
HP S700 500GBをCrystalDiskMark 7の8GiBでテスト

スペックはRead 560MB/s Write 515MB/sなので書き込み速度がやや遅いですね。

Apacer AS340 PANTHER 480GBの方が優秀でがっかりですが、それでも十分でしょう。

HP S700 500GBの「AS SSD Benchmark」ベンチ結果

HP S700 500GBをAS SSD Benchmarkでテストした。

なぜかシーケンシャルReadがCrystalDiskMarkと比べてやけに遅いんですよね。どういうことなんでしょうか?

AS SSD Benchmarkでコピーベンチもやってみた。

こちらはコピーベンチマーク。Programは購入したどのSATA SSDも300MB/s台でしたが、他の2項目はだいぶ劣る結果になっています。

実際にファイルを転送した結果

フォルダのサイズは約46GBでファイル数は542です。

WD SN500 500GBからHP S700 500GBへコピーしてみた。

毎度おなじみの実際にファイルをコピーしてみました。400MB/s台をキープする感じで推移していきます。テスト開始時の山はコピー元がNVMe SSDなのでキャッシュの影響かと思われます。

HP S700 500GBの「ATTO Disk Benchmark」ベンチ結果

HP S700 500GBでATTO Disk Benchmarkをする。

最後のベンチマークテストです。実用では問題のない数値なんでしょうけど、ATTO Disk BenchmarkだとWriteが他より1割遅いです。

HP S700 500GB 2DP99AA#UUFは値段なりの性能

私が持っている3つのSSD 500GBクラスの中では一番性能が良くない印象です。ハズレ個体なだけかもしれませんが、値段なりの性能ということにしておきます。

どのPCで使うか決まっていませんが、もう長生きしてくれれば良いかなという気持ちです。一応3年保証もあるし頑張ってもらいましょう。

以上、面白くないレビューでした。

約3ヶ月使用したのでCrystalDiskInfoでチェックしてみた

追記。2020年3月現在、メインPCのDドライブで使用しています。最初はデータを移動するため書き込み量が多かったですが、それ以降は読み込みの方が多いはずです。

保証は295TBWなので、保証期間の3年の方が先に来るでしょう。

2020年6月のHP S700 500GBのCrystalDiskInfo

追記。こちらは2020年6月のデータです。前回の3月より気温が上がったせいかSSDの温度も上がっています。

2020年11月のHP S700 500GBのCrystalDiskInfo

追記。こちらは2020年11月中旬のデータです。前回の6月より気温が下がったのでSSDの温度も下がっています。CrystalDiskInfo 8.8.9ですが、ベンダ固有の情報に変化はありません。


HP S700 Series 500GB 2DP99AA#UUF

コメント