FILCOのMajestouch Stingrayロープロファイル 赤軸 メカニカルキーボードを購入レビュー

すごーい久しぶりにFILCOのメカニカルキーボードを購入しました。今までは安物のメンブレンキーボードを使っていましたが、FPSゲームを遊んだときに操作しづらさを感じたため改めてメカニカルキーボードが欲しくなりました。

なぜFILCOのメカニカルキーボードを選んだのか?

過去に型番は忘れてしまいましたが、FILCOのメカニカルキーボードを購入し不満が少なかったので今回もFILCOで良いかもと思いました。

あとは価格。最初に5,000円くらいのメカニカルキーボードを探しましたが、e元素など中華系のキーボードくらいしかないんですよね。実際に触れれば善し悪しがわかるのでしょうが、、、、、

上海問屋のGateron赤軸 DN-915598も考えましたが、在庫切れで機会がありませんでした。

もうひとつ上の10,000円クラスで検討すると、FILCO以外だとロジクールやゲーミングデバイスメーカーが目につきます。

ロジクールは過去にゲーミングキーボードを購入したことがありますが、ストロークが深いやつで合わなかった記憶がトラウマとして残っています。もちろん種類によるのでしょうが気がすすみませんので、今回はロジクールをパス。

他のゲーミングデバイスメーカーは正直よくわかりません。1~2年前にゲーミングコーナーでいろいろキーボードを触ってみましたが、これ良さそう!と記憶に残るキーボードはありませんでした。そんなわけで、ゲーミングデバイスメーカーもパスしました。

20,000円クラス以上だとREALFORCEやHappy Hacking Keyboardになりますね。使ってみたい気持ちもあるんですけど、そこまで必要じゃないよなあという思いと、今まで使ってきたメカニカルキーボードは全部飲み物をこぼしてぶっ壊しているので、高すぎるのも嫌でした。

ゲームをしなくなったから安物で済ましていましたし…。

Majestouch Stingrayロープロファイル 赤軸にした理由

キーボードの購入前は「無線でテンキーレスでキーが打ちやすく打鍵音がうるさくないキーボード」が欲しいなと思っていました。今回はすべて希望通りにはなりませんでしたが、今のところ不満はないです。

Majestouch Stingrayの種類

テンキーレスの表になります。

日本語配列 かなあり FKBS91XMRL/JB
かななし FKBS91XMRL/NB
前面印刷 FKBS91XMRL/NFB
英語配列 上面印字 FKBS87XMRL/EB
前面印刷 FKBS87XMRL/EFB

自分は日本語配列で、キーの刻印は前面印刷が希望だったので「FKBS91XMRL/NFB」になりました。前面印刷だと部屋を暗くしている場合に困るかなと思いましたが、実際買ってみるとブラインドタッチができるので問題無かったです。

テンキーレスは横幅が無いので邪魔モノ感がなく良いです。ただ、数字入力したいときはテンキーで打ちたくなる気持ちが出ますね。

ちなみにキーボードが光ったりはしません。

軸は赤軸(低背MX赤軸スイッチ)のみ

メカニカルキーボードには様々なキースイッチがあります。青軸、茶軸、黒軸、ピンク軸などですね。詳しくはダイヤテックのサイトで。

しかし、Majestouch Stingrayは赤軸(低背MX赤軸スイッチ)のみなので選べません。

インターフェース

パソコンに接続するためのインターフェースはUSBとPS/2(変換コネクタ)です。他の機種だとBluetooth対応品もありますが、Majestouch Stingrayにはありません。

高さ

通常のMajestouch2と比較して約5mmほど低く設計されています。ただ、一般的なメンブレンキーボードと比べるとまだ高いサイズです。

そのため手前にリストレスト(クッション)を置いて使用した方が良いかもしれません。ちなみにMajestouch Stingrayは薄型(12mm)のリストレストが良いそうです。

Majestouch Stingrayロープロファイル 赤軸の感想

最初に感じたのはもう打ち心地が全然違うでした。天と地くらい違うと言えるくらい良いです。もっと早く買い換えるべきだった…。

打鍵音は思っていたよりしない

Majestouch Stingrayを購入する前に打鍵音の比較動画をいくつか見ましたが、赤軸でもうるさいなという印象でした。メカニカルキーボードだし仕方ないのかなとも思いました。

実際に使ってみると動画で聴くような大きな音ではなかったです。たぶん、自分のキーの打ち方だとそんなに底打ちをしていないからでしょう。

意識しながら打つとエンターキーやバックスペースキーは底打ちしているようで、音が大きく聴こえます。

音が気になる場合は静音化リングを着けてみよう。

やっぱり慣れが必要

購入してから3週間ほど経ちましたが、今まで使ってきたキーボードより高さがあるので慣れる必要がありました。

平らなキーボードだと指を水平に移動するだけで良かったのですが、メカニカルキーボードは指を気持ち(ほんの少し)上げなければキーに引っ掛かってしまい誤入力してしまいます。

Majestouch Stingrayはそんなにキーを押し込まなくても反応するので、購入後は誤入力することが多かったです。

これでは駄目だと思い打ち方を再確認し調整しながら使ってきました。我慢したお陰で、今ではだいぶ慣れてきたかなと感じています。

自作のパームレストを作成

自分で木材を使いパームレストを作成しました

市販のパームレストを見ると自分で作れそうだなと思いました。自作パームレストで画像検索しても結構作っている人も多く、それなら俺もとなりました。

200円くらいのSPF材を購入しお店で切ってもらい、100円均一のダイソーで買った紙やすりで削ってツルツルにしただけです。🤣

作成当時は真夏だったので塗装は涼しくなってからやる予定です。

Amazonで(多分)最安値で購入しました

Majestouch Stingrayが欲しくなったのは7月くらいでした。しかし、どのショップも日本語配列は在庫切れ。

公式のツイッターを見ると近々入荷する話があったので気長に待つことにしました。

最初に入荷したのはコジマ電気でしたが、入荷したとたん値段が1,000円以上アップしていました😭 弾が少ないのかすぐに在庫切れ。そのあとソフマップ?にも入荷しましたが、こちらもすぐに在庫切れになりました。

7月中旬、ついにAmazon(Amazon.co.jp が販売、発送)に入荷するも13,000円台に値上げされていて2度目の( ゚Д゚)ハァ?です。

コロナの影響で仕方がないのかなと思いましたが、日本語配列 前面印刷(FKBS91XMRL/NFB)の在庫数が19だったので少し待とうと様子見。

すると数日で10,000円台に下がったので購入に踏み切りました😂

その後も価格を監視していましたが、残り10を切ってからはあっという間に売り切れました。みんな値段が下がるのを待っていたのかもしれません。


FILCO Majestouch Stingray CHERRY MX低背スイッチ赤軸

コメント