僕のバックアップ環境を見直すためSynologyのNASを導入します。

バックアップ環境を見直すアイキャッチ画像

先日のセールでSynologyのNASを購入したので、届く前にバックアップ環境を見直してみます。

今まで適当にやっていたバックアップ環境

外付けHDDにバックアップ

これが(たぶん)一番多いバックアップ方法でしょう。

メインPCで使うデータをバックアップしています。特にクラウドに上げづらいメールなど個人情報を含むファイルは外付けHDDに置いています。音楽ファイルもココです。

Dropbox(クラウド)にバックアップ

これは開発環境を共有して、ノートPCでも使えるようにしています。

あとは、スマホの画像をメインPCに送りたいときも使います。ファイル数が多い場合は直接USBケーブルを接続してメインPCに送ります。

スマホやタブレットでも閲覧しそうな取説などのPDFファイルもDropboxに入れています。

サブPCにバックアップ

サブPCには動画ファイルや仮想環境など大きなファイル、利用が少ないファイルを置いています。共有フォルダを設定してメインPCからファイルを出し入れして使っています。

それから別HDDに丸ごとバックアップ(クローン)しています。

外付けHDDのバックアップもサブPCが担当しています。

外付けSSDにバックアップ

今年から余ったSSDをバックアップ用に使っています。

外付けHDDにバックアップする頻度が2~3ヶ月に1回くらいなので、これではヤバいよなと思いアプリBunBackupを使って外付けSSDに重要なファイルだけをほぼ毎日バックアップしています。

NASを導入するとどうなるのか?

あつぱそのバックアップ環境

この図は前項で説明した大まかな環境です。

バックアップするタイミングもバラバラでした。

RAID 1

NASのRAID 1を利用した場合のイメージ

こちらはNASを導入したときのイメージ図です。とてもシンプルになりますね。

すべて自動、RAID 1(ミラーリング)なので楽ちん!

…ですが、1台分のディスク容量しか利用できません。

RAID 0

NASのRAID 0を利用した場合のイメージ

RAID 0に設定すれば2台分のディスク容量が利用できます。もちろん、バックアップも2台分必要になります。分散して読み書きするのでRAID 1より高速化できます。

デメリットは、どちらかのHDDが故障した場合にバックアップから2台分のデータを復元する必要があります。

JBODとBASIC

NASのJBODとBASICを利用した場合のイメージ

JBODはRAID 0と違い分散して読み書きをしないので遅いです。書き込むデータはHDD1が満杯になったらHDD2に書き込んでいきます。

どちらかのHDDが壊れた場合、新しいHDDと交換してバックアップから戻せば良いので、RAID 0よりは復旧時間が速いです。

BASICはJBODとは違い書き込むドライブを選べるメリットがあります。

これからはRAID 0でやってみるっす

RAID 0でバックアップ環境を構築します

こちらはNASのバックアップも考えたときのイメージ図です。

NAS含め3ヶ所に保存している青色(開発環境)と緑色(仮想環境)は大丈夫でしょう。

黄色(個人情報)、橙色(音楽・画像)は2ヶ所ですが、これは外付けHDDにもコピーするのでオッケー。

問題は紫色(動画)の2つと紺色(利用が少ないファイル)です。完璧を目指すのであれば同容量のHDDを用意しなければなりません。

今回はどのHDDも余裕があるので、サブPC側でうまくやり繰りすることにします。実際には消えても諦められるファイルも多いので、万が一が起きたときは泣いて忘れます。

それからRAID 0にする理由は単純に試してみたいからです。JBODやBASICの方が扱いやすい気もしましたが、せっかくNASを購入した訳ですし挑戦します。

コメント