HDD 4TB WD40EZRZ-RT2を久しぶりに購入!4TBならおすすめ

HDD 4TB WD40EZRZ-RT2

おすすめのHDD 4TBって1択だろ?

メーカー WESTERN DIGITAL SEAGATE 東芝
型番 WD40EZRZ-RT2 ST4000DM004 DT02ABA400
容量 4TB 4TB 4TB
回転数 5400rpm 5400rpm 5400rpm
キャッシュ 64MB 256MB 128MB
書き込み方式 CMR SMR SMR
値段 8,980円くらい 8,300円くらい 8,000円くらい

メーカーなんか3社+HGSTでしょ。HDD 4TBで書き込み方式がSMRなのを避けるとWESTERN DIGITAL(ウエスタンデジタル)しかないので、WD40EZRZ-RT2を購入しました。

昔はSEAGATE(シーゲート)のHDDをよく購入したけど、全モデル(たぶん)SMR化して以降は避けています。

HDDの値段・価格

WD40EZRZ-RT2と他社の値段差は1,000円くらいありますけど、それでもCMRのHDDが良いなと。

WD40EZRZ-RT2は店頭セールだと7,000円を切るくらいなのをたまに見かけます。

WD40EZRZ-RT2を開封

WD40EZRZ-RT2を開封

箱を開けるとプチプチに包まれたHDDと紙切れ(保証書)が入っています。

昔のバルク品のイメージが抜けないのか、箱入りのHDDを渡されると「おっ…」てなるのは私だけでしょうか?

WD40EZRZ-RT2と静電気防止袋

グレー色の静電気防止袋を開けると本体と一緒にシリカゲル(乾燥剤)が入っています。

静電気防止袋は後で使うのでハサミで綺麗に切ります。

SATA HDDのコネクタ

これはコネクタ類。L字だし逆挿しすることはないです。電源は良いですが、SATAケーブルが無いときはHDDと一緒に購入しておきましょう。

右の金色のはジャンパピン。昔は使いましたが、今のSATA HDDの形になってからは使った記憶がありません。

当たり前だけど電源を切ってHDDを取り付けましょう。

HDD保存ケース

巷で定番?の100円ショップのダイソーで売っているハガキ入れケースです。

HDDを入れるとぴったり合います。

自分は念のため静電気防止袋にHDDを入れて保管しています。あと、同じ型のHDDを購入すると外から分かりづらくなるのでメモ用紙も入れておきます。

フォーマット後にDLGDIAGでチェック

DLGDIAGでチェック中

パソコンを起動後、ディスクの管理から未割り当てになっているHDDを新しいシンプルボリュームにし、クイックフォーマットすれば使えるようになります。

心配性(自分)な方はDLGDIAG(公式アプリ)でHDDをチェックしましょう。

  1. QUICK TEST
  2. EXTEND TEST
  3. ERASE
  4. EXTEND TEST
  5. クイックフォーマット

QUICK TESTは直ぐ終わるので良いですが、EXTEND TEST(読み込みテスト)とERASE(書き込みテスト)は7時間45分掛かりました。

このためテストをする余裕が無い人はQUICK TESTで十分かと思われます。

ただ、HDDの調子が悪いときはチェックしてみましょう。

WD40EZRZ-RT2のCrystalDiskInfo

WD40EZRZ-RT2のCrystalDiskInfo

CrystalDiskInfo 8.4.2 x64でもチェック。エラーや代替処理などされてなく問題がなさそうです。

とりあえず初期不良期間は確認するようにしましょう。

HDDとSSD速度比較

HDDとSSDのCrystalDiskMarkのテスト結果

CrystalDiskMark 7のベンチマークテスト結果です。

HDDとSSDを比べるとシーケンシャルは約4倍近い差があります。

結果の通りSSDの方が優れていますが、問題はコスト(値段)ですよね。SSDの4TBだと6万円前後します。

まだまだ大容量ならHDDを使う機会がある感じです。


Western Digital WD40EZRZ-RT2 4TB HDD

コメント