サンワサプライの400-SKB057R 赤軸 メカニカルキーボードを購入したのでレビュー

サンワサプライの400-SKB057R 赤軸を購入。商品の箱はシンプルです。
先日400-SKB057R 赤軸を購入したのでレビューします。中華軸なので打ち心地はいまいちですが、キーボードの高さが低くパームレスト無しで打てます。打鍵音は静かな方でしたので、音が静かなメカニカルキーボードを探している方は比較検討しても良いと思います。

なぜサンワサプライのメカニカルキーボードを選んだのか?

久しぶりにメカニカルキーボードを買おうと思い色々調べていたときに候補のひとつに上がったのがこの400-SKB057R 赤軸でした。

結局、買ったのはFILCOのキーボードでしたが、先日セールだったので衝動買いしてしまいました。

キーボードが壊れた訳でもないのに新たに買うのは無駄使いかもしれません😅

400-SKB057R 赤軸にした理由

サンワサプライのロープロファイルキーボードの種類

サンワサプライのロープロファイルメカニカルキーボードはいくつかあります。

テンキーあり テンキーなし
青軸 400-SKB056BL 400-SKB057BL
赤軸 400-SKB056R 400-SKB057R

軸は赤軸を選択


今回は赤軸にしました。好みによりますが一般的に青軸は煩いのと、メインで使っているキーボード(FILCO Majestouch Stingray LowProfile 赤軸)が赤軸なので比べてみたいなと思いました。

キーストロークは約3㎜±0.5mmです。(FILCOの方は3.2mm)

インターフェース


パソコンと接続するのはUSBのみです。ケーブルは1.5mあり脱着が可能で、キーボード本体側はmicroUSB端子になっています。

高さはかなり低い


400-SKB057RのサイズはW354×D127.5×H22.5mmです。

ロープロファイルキーボードなので高さは他のメカニカルキーボードと比べて低いですが、FILCOのMajestouch Stingrayロープロファイル(W358×D138×H31.7mm)よりかなり低いです。上の画像はキーボードの奥側を比較したものです。


手前側を比較した画像です。こちらも高さが低いです。


横幅は数ミリ差で、キーピッチはどちらも19㎜なので違いは目立ちません。

光るキーボード


今流行り?のキーボードが光るやつです。カラーは白色のみです。
ウェーブにしたり押したキーが点灯したりします。

メカニカルキーボード(青軸・赤軸・ロープロファイルスイッチ・Nキーロールオーバー・テンキー付き・バックライト搭載)

個人的にお気に入りはFn+F7の押したキーを中心に波紋のように光るのが派手で良いです。

400-SKB057R 赤軸の感想

FILCOのCherry MX Low Profile 赤軸スイッチと比べてになりますが、打鍵感は軽くて静かに感じます。ちなみに400-SKB057Rは中華製Kailhのキースイッチが使われているようです。

最初に触ったときは少し安っぽいかなとも思いましたが、キーを打っているうちに気にならなくなりました。

気になる点はキーにばらつきがあるように思えることです。バネの金属音がするキーがいくつかあります。キーボードに耳を近づけないと聞こえないキーもあれば、普通の姿勢で聞こえてくるキーもありました。

良かった点はまだ使用時間は少ないですがタイプミス(誤爆)が無くなったことです。

メインで使用中のMajestouch Stingray LowProfileはちょっと触れただけで入力されてしまうことがあり、購入してから数カ月経ちますが誤爆することがまだあります。

400-SKB057Rは表面を撫でてもキーが入力されることはありません。

それから、高さが低いのでパームレストが無い方がタイピングし易かったです。

打ち心地は劣りますが、作業するうえではこちらのキーボードが自分に向いてそうです。

コメント